ロルフィングの詳細

 

アメリカ生まれのボディワーク

ロルフィング®はアメリカ生まれの施術で、ボディワークの一つと呼ばれています。

ボディワークの特徴は、特定の症状を改善しようとしない、ということです。一般的な病院での診断や治療は、病名や症状に対処していくことが多いです。ですがボディワークでは、理想的な健康状態を引き出すためにアプローチしていきます。

特にロルフィングにおいては、手や肘などによる手技を使い、からだの組織に持続的な圧をかけたり優しく動かしたりしていきます。このような圧や動きを通じて、クライアントさんはからだの内側に自然と意識を向けていくことになります。

その結果、新しい状態に適応しようとからだが自ら変化を生み出し、張りが減ったり、循環が促進されたりします。からだ自らが起こす変化の手助けをしていくことが大きな特徴です。

 

姿勢を支える筋膜に働きかける

ロルフィングにおいて着目するからだの組織の一つが、「筋膜」です。筋膜は様々な形をしており、筋肉や骨、神経といった組織を包んでいたり、大きな膜状のシートとしてからだ全体を覆っていたりします。

この図は、筋膜がセーターのように全体を覆っていることをイメージさせてくれます。右下の引っ張りによって、この付近の繊維の方向性が崩れていますね。左肩などを見ると、縦横きれいにそろっているので、比べるとわかりやすいです。

筋膜も同様に、一箇所の引っ張りが他の部分にも影響していくのです。

この筋膜の状態が、姿勢に影響することが近年明らかになってきました

姿勢は骨の位置が基準となり、筋肉や内臓など他の組織がそれに沿って存在しています。ですが、実は全ての組織は筋膜を通じて骨についているので、筋膜の張りや長さが崩れていると、骨の位置が変化し、姿勢も変わってきてしまうのです。

この筋膜に働きかけるために、固有感覚受容器というセンサーを活用します。このセンサーは、張りや長さ、圧、痛みなど様々な情報を感知して、脳に情報を送ってからだの姿勢を調節しています。

また、持続的でゆっくりとした圧に反応することが研究で分かっています。ですので、ロルフィングではセンサーに働きかけるような形で、ゆっくりとした圧を掛けたり、動きを誘導したりすることで、筋膜の状態を整えていきます。その結果、特定の箇所に掛かっていた負担が軽減し、症状や痛みが改善していくのです。

 

重力によって治癒される

筋膜の状態が整うと、骨の位置も理想的なものになり、姿勢が変化します。そこに、重力が掛かってくると、からだにはさらなる変化がもたらされます。

なぜかというと、重力が上から下に流れている地球上において、からだが整っていると「地面方向に向かっている力(青)が上向きの力(赤)に変換され、内側からの広がりが生まれる」からです。

つまり、理想的な姿勢で生活をしていると、この上向きの力が常に掛かっていることになり、緊張や張りのある部位が広がりやすくなっていくのです。重力があるかぎり、自ら自分のからだを治癒していくことになります。

創始者であるアイダ・ロルフ博士は、

からだが適切に働いているとき、からだの中を重力が流れる。すると、からだは自然に自らを癒していく。

といった言葉を残しています。からだの状態を適切にする、つまり筋膜の状態が整っていると、常に重力がからだの中を通りやすい状態であるので、永続的な広がりが期待できます。

ロルフィングのセッションを受けた数日後に変化を感じたり、発見があったりすることがあるのは、日にちが経つにつれてからだの中の広がりが増し、硬さや張りのあった部分が徐々に変化していくからです。

セッションを受け終わった後も、日常の中で変化が続いていくこと、これこそがロルフィングの最も大きな特徴です。

 

ロルフィングの体験談一覧はこちら

Copyright© THE CIRCLE|ロルフィング|神戸 , 2022 All Rights Reserved.